個人情報保護に対する基本方針

センサス@スクールプロジェクトは,国内だけでなく海外の子ども達のデータも活用しながら,教師・生徒の皆様に統計を学習するための豊かな教材,環境を提供することを目的にしております。

本プロジェクトでは,生徒の皆様個々人のデータを教材としての利用目的から提供していただくとともに,参加登録手続きにおいて生徒を監督する教師の方の情報も提供いただいております。したがって,生徒及び教師の個人情報の利用に当たっては,適正かつ厳重な保護管理を行う責任があります。

日本統計学会統計教育委員会は,個人情報保護のための基本方針を以下のように策定致しました。

基本方針

  1. 個人情報の取得,利用及び提供にあたっては,できる限りその目的を限定します。取得にあたっては,適法かつ公正な手段で行います。
  2. 個人情報については,適切な管理を行うとともに,外部への流出防止に努めます。また,外部からの不正アクセス,個人情報の紛失,破壊,改ざん及び漏えい等の危険防止に対して,適切かつ合理的なレベルの安全対策などの未然防止に万全を期すとともに,事故発生のリスクに対して速やかに是正処置を講じます。
  3. 個人情報の利用は,利用目的の達成のために必要な範囲に限り,生徒・教師の権利を損なわないように,十分配慮して行います。
  4. 個人情報に関する法令及びその他の規範を遵守します。
  5. 実践遵守計画(個人情報保護マネジメントシステム)は,今後の情勢変化に沿って,継続的に改善します。
  6. 個人情報保護を損なう行為については,毅然たる態度で臨みます。

日本統計学会統計教育委員会では,個人情報に関する苦情・相談を以下の問い合せ窓口で承ります。 日本統計学会統計教育委員会センサス@スクール研究部会